ヨッシークラフトワールド|作り込まれていてゼルダに続いて期待できる作品なのでは!?

f:id:kanamemochi:20190329215721j:plain

 

 

 

 ヨッシーのCMすごく可愛くて面白そうでやってみたーい!!!

 

そのCMがこちら

 

 

 

 

 やばない?可愛くてゲーム的にも面白そうでしょ。

 

今回はこのゲームの面白さについて紹介しつつ考察したいと思います。

実は任天堂のゲーム好きなのでこういう記事を書きたかったんです。

 

 

 

ヨッシーシリーズ最新作

前回のヨッシーウールワールドに引き続き

任天堂switchにて最新作「ヨッシークラフトワールド」が3月29日に発売されました。

価格は任天堂らしく6000円に収まる良心的な設定です。

 

 

発表時期されたのはなんと2017年のE3

ここはコアな話題ですので興味がない方は飛ばすことをお勧めします。

この時期はスイッチがローンチされとても盛り上がっていた時期ですね。

発表された情報を見ると製作会社がグッドフィールのアンリアルエンジンで

ウールワールドの制作会社と同じであまり期待されていませんでした。

そこから理由はわかりませんが1年半ほど情報は一切ありませんでしたが、冬ぐらいの任天堂ダイレクトでとうとう発売されるとなりました。

しかし、そのときの紹介映像にはグッドフィールやアンリアルエンジンという言葉は一切書かれていませんでした。

 

 

 任天堂内製のヨッシーワールドでは?と話題になったんですよ!!!!

 

絶対面白いやつや!!ヨッシーアイランド以降の期対作になると思いいくつか実況を見て体験版をやりました。

 

作り込みがすごい

体験版や動画を見て思ったことを書きます。

グラッフィックがすごい

ヨッシーウールワールドや毛糸のカービーでは毛糸感が出ていましたが、今回もクラフトグッズ感半端ないです。

f:id:kanamemochi:20190329221246j:plain

 

ステージをつくろうとしたら作れますよ!!

誰も作るとは言ってないw

 

2Dだけど3D?

このゲームは奥行きがあるという面では3Dですが、

ステージ的には2Dなんですよ。

(体験しないとわからないし、表現しづらい。)

 

こういったゲームはまだありません。

 

 任天堂すげーな、ここから斬新さが生まれているよ!!

 

今回の斬新さ

私が思うほかのゲームにはなかなかないと思われる点を考察します。

ガチャの導入

これを聞いてうわって思った方がいるかもしれませんが、スマホゲーのようなガチャではなくゲーム内のたくさん取れるコインの有効活用方法が生まれたのです。

 

いままで、

マリオであればコイン

ドンキーであればバナナ

でしたが、これを獲得することによっておこることといえば、

1UPなどしかありませんでした。

今どきの任天堂のゲームでゲームオーバーになることはそうそうないのでコインを獲得する意味が実際ありませんでした。

 

しかし!!!今回は違います。

ガチャの導入によってコインをゲットする意味が生まれました。

ゲームを進めるうえで有利になる可愛い着せ替えグッズをゲットするためにガチャをまわさなければなりません。

 

赤コインによるヨッシーのいけない背景の世界を意識させる。

赤コインは隠してあるのでステージを3D的に頭で補完して行動しなければいけません。

見知らぬ土地を歩いていたときの子供時代を思い出してみましょう。

頭の中でその場所の地図を作ってなかったですか?

私はそれに似た感覚をゼルダの伝説の中でも経験しましたが、とても楽しい経験をすることができました。

 

私はゲームの面白さはいかに頭の中で考えさせるかという点にあると思っています。

 

私が見た実況を載せるよ。

他にもありますがとても面白そうにプレイしていたので載せます。

是非参考になさってください。

ネタバレが嫌な方はやめた方がいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

私は即購入しようと思いました。

あなたも買いますよね。

最新の2Dスクロールゲームだと思います。