妖怪ウォッチ4|ゲゲゲの鬼太郎が登場!発売日はいつ?


f:id:kanamemochi:20190527133530j:image

 

 

ゲーム内のクエストに、『ゲゲゲの鬼太郎』より鬼太郎と目玉おやじが登場します。


 公園で鬼太郎と出会ったナツメら妖怪探偵団。どうやら目玉おやじがいなくなってしまったようで、捜索を手伝うことに。妖怪から目撃証言を聞き、目玉おやじを探し出しましょう。

 

4つの世界にそれぞれの“ガシャ”がある
 舞台となる4つの世界には、見た目の違うガシャマシンがそれぞれ存在します。物語が進むと、妖魔界にある“ガシャランド”という施設でいつでも引けるようになります。宝箱や報酬などでコインを入手して、たくさんガシャを引きましょう。


ガシャの種類 現代(ケータの世界)、未来(ナツメの世界)、過去(シンの世界)、妖魔界。
6人の“ウォッチ使い”を自分好みに育成しよう
 バトルに参加できるウォッチ使いは6人。それぞれ異なる武器やひっさつわざを持っています。さらに、ウォッチスキルを強化することで、バトルを有利に進められるようになります。戦略的にポイントを割り振って育成していきましょう。



f:id:kanamemochi:20190527135742j:image

 各キャラクターのウォッチに“妖”、“体”、“技”、“心”、“愛”、“友”という6つの系統があります。強化に必要なポイントは、バトルでのレベルアップなどで入手できます。

選ばれしウォッチ使いは、ケータ、フミちゃん、ナツメ、トウマ、アキノリ、シンの6人。
新システム“魂カツ”で妖怪とともだちになろう
 本作では、妖怪とともだちになる方法が一新されています。バトル中に敵妖怪から“魂(こん)スイトール”をすることで、“魂(こん)”を入手。妖怪のチカラの結晶である“魂”と引き換えに、“魂カツ”の総合コンサルタントである“魂サル”がステキなともだちを紹介してくれます。
『妖怪ウォッチ4』に『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎と目玉おやじが登場。新システム“魂カツ”の情報も到着 - 電撃オンライン


f:id:kanamemochi:20190527135647j:image

妖怪ウォッチ4の発売日は?

元々は6月6日でしたが、

発売日延期になり

6月20日になりました!

 

妖怪ウォッチ4にゲゲゲの鬼太郎登場

妖怪ウォッチとテーマが妖怪という点で同じゲゲゲの鬼太郎がゲーム内クエストで登場します。

 

発売日前の期待度は?

一時期、妖怪ウォッチ初代の人気はポケモンを凌駕するものでした。

売上を予測するのに使えるAmazonゲームソフトランキングを見ると2019年5月27日(現在)では7位でした。

 

このゲームの購入層はどちらかというと低年齢層なので予約するのは考えにくいので、今後大きく変わるかもしれませんが、

私の予想では良くて50〜60万本だと思います。

 

 

私の予想の根拠

低年齢層をターゲットとしたほかのソフトを見ていると、

予約ランキングは低いものの毎週1〜2万本ほどで推移して60万本以上売れています。

よくジワ売れと言われるものです。

(例としてはカービィと太鼓の達人など)

 

今回のゲゲゲの鬼太郎で巻き返せるか?

ゲゲゲの鬼太郎は妖怪ウォッチとは違い長くテレビで放送されていて、知名度も高く年齢層も幅広いです。

したがってゲゲゲの鬼太郎のファンも購入するのならば私の予想を上回るでしょう。

 

また、今までの任天堂機よりも海外により多くユーザーがいるので日本の文化が好きな人やポケモンが好きな人が買えば、かなり売れるでしょう。

 

妖怪ウォッチ4の成功はスイッチにも重要

Switchを所有しているユーザーはインディーと任天堂製のゲームしか買わないか、それとも魅力的で年齢層に合うゲームであれば多く売れるのかが見られると思います。

 

レベルファイブの久しぶりの大作

3DSとDSでは沢山のソフトを出し、売れていましたが、switchではまだ「スナックワールド」のみで年齢層が合いそうなのにSwitchにはソフトを出していませんでした。

 

まとめ

レベルファイブにとっても重要であろう妖怪ウォッチ4を暖かい目で見守りましょう。

是非私もプレイしてみようと思います!